Just another WordPress site

周辺機器リース

会社設立での周辺機器リースについて

これから自分自身の力で会社設立を考えている人は、やはり一般企業に勤めている人に比べてみると、それだけモチベーションが高い人、向上心のある人です。ただ、実際に会社設立するとなると、かなりいろいろな部分での勉強も必要になってきます。
当然、会社設立するからには今までにもいろいろな勉強をしてきている人になるわけですから、当然そのあたりは百も承知といったところです。
さて、会社設立をするにあたっては、一般的に今の時代であれば、パソコンであったり、コピー機やFAX機というものが必要になってきますので、準備が必要です。

今まで普通に会社に勤めていたような人であれば、その会社に置かれているパソコンを使ったり、コピー機を使ったりしているわけですから、特にパソコンやコピー機を購入するのがよいのか、リース契約するのがよいのか、あまり考えたことはないといえます。
しかし、自分で会社設立となってくると、リース契約、購入などに関しても、今後のことを考えた上で検討していく必要があります。
では、実際のところ、パソコンであったり、コピー機に関してはどうしていくのがよいのかというと、基本的には比較検討していく必要がありますので、それなりの時間が必要です。

一般的に昔の時代に比べてみると、パソコンやコピー機も性能はよくなっていますが、料金は安い設定になってきています。
ですから、単純に考えてみた場合、これらを購入してしまったほうが、リース契約を組むよりは、長い目でみれば支払額としては安くおさめることができます。ただ、購入の場合は、初期投資費用として最初に全額が必要になってくるので、そのあたりも会社運営と照らし合わせて考えていく必要がでてきます。
また、購入すれば当然、その会社の財産になるので減価償却なども行っていく必要があるので、結構面倒になるケースもあります。

一方で一般的にはリース契約であれば、減価償却の必要はないですし、リースですから、途中で最新の機器が登場したら、そこで契約を乗り換えることも容易だったりします。
このように購入するパターンとリース契約を結ぶパターンでは、だいぶ、その後の対応が異なってきますので、できるだけ慎重に両方を比較検討したうえで、決定していくことをおすすめします。
もちろん、会社設立するにあたっては、このような細かい話だけではなく、もっと大きな重要な事項もそれぞれ片付けていく必要がでてくるので、トータル的にゆっくりと時間をかけることがよいです。